【無料メルマガ配信中】看護師の副業にWebライター!>>

看護師が「人間関係に疲れた」と感じる6つのパターン・相手別に対処法を解説!

看護師が「人間関係に疲れた」と感じるパターンと相手別の対処法

人間関係で悩む看護師
人間関係で悩む看護師

仕事をしていると看護師同士だけじゃなく、先生から嫌味を言われたり、横柄な態度の患者さんから文句言われたり・・・

人間関係に疲れちゃった。

どう対処したらいいのか教えて欲しい。

看護師の職場では避けて通れないのが、人間関係の悩み。これが原因で辞めたいと思う看護師は多いです。

ただ、看護師が「人間関係に疲れた」と感じる相手は同じ看護師(上司、同期など)だけとは限りません。医者と看護師の関係、患者と看護師の関係、いろいろな場面で人間関係の疲れを感じます。

そのまま働き続けると、心身に不調が現れてしまい、仕事ができない状態に・・・。

当記事では、これまで10年以上看護の仕事をしてきて目の当たりにした、人間関係のトラブルをパターン別・相手別に解説。人間関係に疲れた場合の対処法について詳しく説明していきますね。

あみん
あみん

看護師は我慢強い人が多いけれど、仕事1つで人生がツライものになってしまいます。

無理せず、自分がどうしたらいいのか、この記事を参考に行動してくださいね。

看護師が「人間関係に疲れた」と感じる6つのパターン【実話】

看護師が「人間関係に疲れた」と感じるパターン

看護師が「人間関係に疲れた」と感じる6つのパターンについて、目撃した実話をもとに紹介します。

  1. 自分にだけ厳しい先輩看護師が嫌い
  2. 八つ当たりをする医師が怖い
  3. 怒鳴りつける患者が苦手
  4. ちがう職種の先輩からのいじめ
  5. 嫌われないよう気をつかうことに疲れた
  6. 結婚・妊娠を機に態度が変わる

詳しく1つずつ説明していきますね。

パターン①自分にだけ厳しく指導する先輩看護師が嫌い

1~2年目の新人看護師は、同期と比べられることが多い。

自分は一生懸命に仕事をしているのに、同期の看護師が仕事の覚えが早く要領よく看護をしていると特に比べられるでしょう。

自分にだけ厳しく指導する先輩看護師が嫌いになり、そんな人間関係に疲れてしまいます。

新人看護師

同期はできる子ばかりで、私ばかりができない。
一番の悩みは同じ職場の先輩に嫌われていることです。同期と私に対する態度が明らかに違う。
私が仕事が出来ないから。
しまいには「優先順位も判断する能力がないんだから行動を起こす前に誰かにきいてからにして。」といわれ。。
先輩が私に話しかけてくれることなんてありません。

看護師お悩み相談室

同じような悩みを持つ看護師は多い。

新人看護師ではなくても、ちょっとミスが多い看護師であれば、きつく当たる先輩看護師はいますよ。

パターン②八つ当たりをしてくる医師が怖い

大学病院や総合病院のような大きな病院で働く医師の中には、看護師よりも医師の方が立場は上で偉いんだとプライドを高く持って、看護師と関わる方が多いです。

こちらは確認しようと何回か同じことを質問したり、看護師の視点から意見を伝えようとしたり、そんな状況で八つ当たりしてくる医師がいます。

何度も強い口調で言われると、その医師に声をかけるのが怖くなり、連携を図ることに支障を来します。

看護師

医者に提案したら、いきなり怒り出し、提案と関係のなく、個人的に気に入らなかったことを言ってきて、とことん責められ、おまえはスーパーマンか?とか、ガンガン個人的に文句を言ってきた。それを見ていた医者は、この看護師ならいじめてもいいと思ったのか、患者さんを診察台に上げただけで、意味もわからず怒鳴ってきた。

看護師お悩み相談室

どこの病院にも怖い医師はいます。

看護師同士とは違い、そこまで仲良くいることが大切ではありませんが、患者のことで相談しにくいような関係であれば重大なミスに結び付く危険がありますよね。

パターン③理不尽に怒鳴りつける患者が苦手

入院する患者さんの中には、「看護師は患者の言う事を何でも聞く存在」「新人看護師になんて話すことない」「看護師よりも先生(医師)の言う事が絶対」と、こんな風に思っている患者さんは少なからずいます。

このように理不尽に怒鳴りつける患者が苦手になり、関わりたくないと思ってしまいます。

看護師

時々、患者さんとトラブルになります。大体の患者さんとは、普通に接しています。でも、あまり深く関われていないかなと思います。受け持ち患者のC氏に「○○さん(3年目の後輩看護師)には色々な悩みを言えるよ」と言われたときはショックでした。

看護師お悩み相談室

苦手だなと感じる患者さんはいます。

自分より年下の若い看護師から指示されることが嫌な患者さん、本当は不安でいっぱいだけど理解してもらえず憤りに変わる患者さんなど、いろいろな患者さんがいますよね。

ひとりひとりの患者さんとうまく付き合うことは難しいです。

パターン④自分より立場が上のちがう職種の先輩からのいじめ

病院で働く職種は、看護師と医師だけではありません。職場によっては、看護助手、医療事務、保育士、介護士、栄養士などの職種の方と働くことも。

その方たちも自分の仕事にプライドを持って働いています。ちがう職種であっても、入職時期によっては自分より立場が上の先輩。中には、意地悪をされることがあります。

看護師

他職種の女性に無視されており、私から仕事の依頼をしたくてもできなかったり患者さんの情報がもらえず、露骨に私だけ仕事の邪魔をされます。

看護師お悩み相談室

女性が多い職場なので、嫉妬なども含めてトラブルを起こしやすい。

他のスタッフにバレないように陰で意地悪をされたり、自分にだけ陰湿ないじめをしたりという場合もあり、他の人に助けを求めて解決するのは難しい。

パターン⑤まわりの人に気をつかいながら仕事をするのが疲れた

看護師にとって、人間関係は働きやすさを左右する大事なこと。

人間関係でトラブルを起こさないように、周りのスタッフに気をつかいながら仕事をすることに疲れてしまう看護師は多いです。

誰にでも好かれることは難しいですが、敵に回したら働きにくくなるお局様や先輩看護師には嫌われないようにと意識して働くのは正直しんどい。

自分の素直な姿を出せずに、「気の利いた後輩看護師」を演じるのは長く続きませんよね。

パターン⑥結婚・妊娠をすると急に態度が変わりツライ

女性が多い職業の看護師では、結婚・妊娠するのは若い看護師であることは普通だと言えます。

自分の幸せを犠牲にする必要はありません。

でも、経験年数が浅い看護師が妊娠すると急に態度が変わる先輩看護師のせいで、職場に居づらくなることは多いです。

力仕事である看護師にとって、任せられない業務が多い妊娠中の看護師にきつく当たる上司もいます。

患者さんに寄り添うことが出来ても、同じ看護師相手には寄り添えずマタハラをしてしまう看護師がいることは事実です。

あみん
あみん

今まで転職を何回もしてきましたが、人間関係が良いなーと思った職場はありませんでした・・・

看護師が「人間関係に疲れた」と感じる相手別の対処法

看護師が「人間関係に疲れた」と感じる相手別の対処法

看護師が「人間関係に疲れた」と感じるのは、看護師だけではないと言う事が分かりましたね。

  1. 看護師
  2. 医師
  3. 患者
  4. 他職種

まずは1人で悩まず、誰かに相談することが最初にすべき対処法です。では、相手別に誰に相談したらいいのか説明していきます。

看護師同士

人間関係のトラブルが一番起きやすく、仕事に直接影響を与えてしまうのが看護師同士

基本的には、看護師間のトラブルは直属の上司に相談することが一番です。でも、その相手が同期か先輩か、上司かによって対処法が違います。

そして相談相手を見極めないと、「陰口を言った」「悪口を言った」と余計トラブルに。

同期や先輩から嫌がらせをされて、仕事に影響が出るほどの関係になっているならば、勤務の調整をしてもらうために上司に相談しましょう。

上司からパワハラ、嫌味を言われて仕事が出来ないのであれば、次項の「今の職場で働き続けることが辛いときに考えること」を参考にしてください。

医師が相手

トラブルになると患者さんに影響を与えてしまうのが、医師との人間関係

医師との関係がうまくいかない場合は、まずは直属の上司(看護師)に相談するといいでしょう。

医師と看護師では、患者さんを見る視点がちがいます。本来ならば上下関係があってはいけないのですが、看護師は医師の言われた通りに動けばいいと思っている医師は多い。

そして一度トラブルになると、高いプライドを持つ医師と関係を戻すことは難しい。

自分で何とかするよりも、医師が信頼を置いているであろう看護師に相談し、早く解決させましょう。

患者が相手

こじらせると厄介なのが、患者との人間関係

その患者が看護師全員に対して態度が悪いのか、自分だけに意地悪をするのかによって相談相手は違います。

看護師全員に対してならば患者の主治医に相談、自分だけにならば上司に相談しましょう。

理不尽なこと、無理なお願い、言葉の暴力などを受けることがあっても、患者の前では笑顔を絶やさずに振舞うように教えられてきました。

短期入院の患者であれば我慢すれば大丈夫かもしれません。でも、長期入院や入院を繰り返している場合は、その度に怯えながら仕事をするのはツライ。

もし、今度は別の患者と同じようなトラブルになった場合どのように解決したらいいのか、スタッフ同士で話し合うことも大切ですね。

他職種が相手

ターゲットを絞られて嫌がらせをされたり、仕事をお願いできずに看護の業務が滞ってしまったりと仕事に支障を来すのが、他職種との人間関係

まずは直属の上司に相談しましょう。

働く場所によって、看護師や医師の他にも他職種と一緒に働くことがあります。

クリニックであれば医療事務、検診センターであれば検査技師、放射線技師、栄養士、保育園であれば保育士、介護施設であれば介護士。

みんなが自分の仕事に責任をもっているので、本来ならば上下関係があってはなりません。でも中には、看護師から指示されると下にみられていると感じ、看護師に対して不満をもつ人もいます。

お互いの仕事を理解し合いながら働けるように、自分には全く落ち度がないと思わずに上司と考えていくことが必要です。

あみん
あみん

どんな職場でも、苦手だなーと思う相手はいますよね。

わたし自身は、今まで人間関係でトラブルを起こしたことはありません。

トラブルが起きないように意識したことは「苦手な人にこそ、自分から積極的に話かけること」。

自分を知ってもらい、相手を知る。その上で人間関係は築けると思い意識しています。

それが苦痛なこともあるので、無理はしませんが!

今の職場で働き続けることが辛いときに考えること

今の職場で働き続けることが辛いときは

人間関係に疲れたとき、まずは問題を解決するために相談することが最初の対処法とお話しました。

ただし、相談しただけでは人間関係の疲れは消えません。

そこで今の職場で働き続けることが辛いときに考えることを5つ、お話します。

  • リフレッシュする方法はあるのか
  • 自分に原因は無いのか
  • その辛さに耐えられる状態か
  • 看護の仕事は続けたいのか
  • 転職すれば解決するのか

1つずつ詳しくお話しますね。

リフレッシュする方法はあるのか

まずはリフレッシュする方法はあるか考えてみましょう。

ちょっとした疲れであれば、自分の好きなことや集中できることで気分転換できますよね。

食べること、寝ること、ショッピングすること、何でもいいです。気分がリフレッシュできる方法を1つでも見つけください。

ストレス発散のためには、読書が良いとされています。もし、嫌いでなければ10分でもいいので本を読んでみましょう。

看護の本でも、小説でもいいです。

看護師がしんどくて辞めたくなったら読む本8選看護師がしんどくて辞めたくなったら読む本8選~心と身体に休息を~

人間関係が悪くなる原因が自分に全くないのか

人間関係が悪くなるのは、どちらかまたは両方に何かしらの原因があることがほとんど。

自分に原因が全くなかったのか考えてみましょう。

相手に不快な思いをさせたのではないか、自分の行動を振り返ることも大事。

もし自分にも落ち度があったなら、間違いを認めて行動を改善する。そうすれば、もしかしたら相手が変わるかもしれませんよね。

その辛さに耐えられる状態か

人間関係で疲れてもリフレッシュできて、その辛さに耐えられる状態か考えてみましょう。

辛いと感じても気分転換し、相談できる相手がいれば大丈夫という人なら良いのですが。

なかなか相談できない、気分転換しても耐えられない方はメンタルヘルスに不調を来す可能性があります。自分のストレス度をチェックする方法もありますよ。

他にも、5分でできる本格的なストレスレベルチェック疲労度蓄積度セルフチェックもあります。

看護の仕事は続けたいのか

人間関係で疲れてしまい、看護師自体を嫌になる人は多い。そこで、自分は看護の仕事を続けたいのかどうか考えてみましょう。

看護師の仕事がツライのか、今の職場で働くことがツライのか、それによってどう行動するか変わります。

今の職場がツライなら、転職して環境を変えることも1つの方法。

看護師転職サイトおすすめ厳選!徹底比較!2021年保存版看護師転職サイトおすすめ3社を徹底比較!現役ナースが厳選【最新版】

看護師の仕事がツライなら、一度看護から離れてみるのも大事。

看護師の免許を持ったからと言って必ず看護師をしなければいけない決まりなんてありませんから!

今の職場を辞めて転職すれば解決できるのか

人間関係の悩みは、どんな職場でも起きる可能性はあります。そこで、今の職場を辞めて転職すれば解決できるのか考えてみましょう。

今の職場を辞めようと決めて転職するという選択は間違ってはいない。

ですが、もし自分に少しでも直すべき点がある場合、職場を変えても自分が変わらなければ同じようなトラブルを起こすことも

あみん
あみん

人間関係で疲れた場合は、ちがう職場に転職するか休職することを考えてみましょう。

人間関係が良い職場を選ぶポイント

人間関係が良い職場を選ぶポイント

では、人間関係が良い職場はどのように選べば良いのでしょうか。

2つのポイントがあります。

  • 実際に働いている知人に職場の雰囲気を聞く
  • 看護師転職サイトのアドバイザーに相談する

1つずつ詳しくお話しますね。

実際に働いている知人に職場の雰囲気を聞いてみる

まずは実際に働いている知人に職場の雰囲気を聞いてみましょう

働いているからこそ分かる、人間関係の事情があります。

  • 表面上は仲良しだけど、実は裏でお互い悪口を言い合っている
  • 1人だけ注意が必要な看護師がいる
  • いつも怒っている医師がいる
  • クレームばかり言ってくる患者がいる

など

このような詳しい内部情報は、実際に働いている人にしか知りません。

ただし、あまりにも詳しく聞いてしまうと、せっかく転職しようと思ったけど辞めようと意思が変わることも。本当の人間関係は、自分がそこで働かないと見えてきません。

情報を知りすぎるのも注意が必要ですね。

看護師転職サイトのアドバイザーに相談する

自分が転職したいと思った職場に知り合いがいない事の方が多い。そんな時は、内部情報を知るために看護師転職サイトを利用することが手っ取り早いです。

看護師転職サイトのアドバイザーに相談し、自分がどんな職場でうまくいかず悩んだのか伝えて、できるだけ人間関係が悪くない職場を探しましょう。

転職サイトにはそれぞれ特徴があるので、ぜひ次の記事を参考にして公式サイトを見て2~3社ほど登録してみてください。

看護師転職サイトおすすめ厳選!徹底比較!2021年保存版看護師転職サイトおすすめ3社を徹底比較!現役ナースが厳選【最新版】

特に当ブログでおすすめしている転職サイトは、次の3つ!

初めての方でも無料で簡単に登録できて、時間が空いている時に担当者と連絡を取るだけ!

人間関係に疲れたら我慢せずに働きやすい職場に転職しよう!

人間関係に疲れたら我慢せずに働きやすい職場に転職しよう!

看護師が「人間関係に疲れた・・・」と感じることは、誰にでもあります。それに、どんな職場であっても悩むことが出てくるでしょう。

ただ、看護師が働く場所では人間関係のトラブルで離職する人が年々多い。

人間関係に疲れたら我慢せずに、自分にとって働きやすい職場に転職することを視野に入れていきましょう。

あみん
あみん

働くことは生活の大半を占めていること。

ストレスを抱えながら仕事をするよりも、生き生きと働けるような職場に巡り合えるよう我慢や諦めはしないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です