看護師×保健師ママの仕事と育児>>

看護師のネイルはトップコートでもダメな3つの理由【OKな職場・楽しむ方法】

看護師のネイルはトップコートでもダメな理由

ネイルしたい看護師
ネイルしたい看護師

看護師でもネイルを楽しみたい。トップコートでもダメな職場が多いけど、ダメな理由って?

ネイルOKな職場もあるんだよね?

看護師でもネイルを楽しむ方法を知りたい!

看護師は仕事中ネイルができない職業の1つ。爪トラブルを予防するために使うトップコートでもダメな職場も多いです。

それでも、オシャレな爪をしている友達を見るとうらやましいと思いますよね。

「少しくらい・・・」と思ってネイルをしたまま職場に行き、思わぬトラブルを起こしては遅い!

当記事では、納得できるよう看護師のネイルがトップコートでもダメな理由を解説します。どうしても看護師の仕事をしながらネイルもしたい人のために、ネイルOKな職場も紹介!

最後には、ネイルNGの職場で働いても楽しむ方法について、どこよりも詳しくお話していますよ☆

あみん
あみん

わたし自身、この記事を書きながらワクワクしています(*^-^*)

次はどんなネイルにしようかなと考えながら読んでみてくださいね!

看護師のネイルはトップコートでもダメな理由3選

看護師のネイルはトップコートでもダメな理由3選

看護師のネイルは、マニュキュアだけではなく爪トラブル防止のために塗るトップコートでもダメな職場もあります。

そのダメな理由は大きく分けて次の3つ

  • 清潔感
  • 安全面
  • 衛生面

詳しくお話していきます。

看護師のイメージである清潔感

看護師のイメージは、いつの時代も清潔感があるということ。

看護の仕事をしながら派手なネイルをする看護師はいません。

でも、目立たない色のマニキュアや爪トラブルをケアするためのトップコートでさえも、見る人にとっては「清潔感がない」と思う人もいます。

また、仕事中に指や爪を見られる機会が多い。注射、採血、検査の他にも患者さんに書類を渡す時など、様々な場面で見られます。

身だしなみにも気をつけて患者さんや相手に不快なイメージを与えないことも、看護師にとって大事なこと。

患者さんへの安全面を考えて

看護師がネイルをすることは、安全面を考えてダメだと言われています。

オシャレなネイルをするために、爪を少しでも伸ばしている場合。

患者さんへの清潔ケアや素肌に直接触れる処置で、たとえ手袋をしていても伸びた爪で肌を傷つけたり痛みを与えたりする可能性があります。

さらに、もし爪にラインストーンのような飾りが付いている場合。

その飾りが取れてしまい、誤って子供が誤飲してしまったら、命に関わるほどの危険があります。

マニキュアの成分(一般的な分量)

  • ニトロセルロース(10~20%含有)
  • トルエン(10~35%含有)
  • 酢酸エチル(10~20%含有)
  • 酢酸ブチル(0~40%含有)

身体への有害度は定かではありませんが、10本の爪がこの成分が付いていると考えると、そのまま看護をするのは怖いなと感じます。

きっと、看護される患者さんも同様の印象を受けるでしょう。

看護や処置をしたときの衛生面を考えて

ネイルをしていても、しっかりと手指洗いが出来ていればそこまで汚い爪にはならないかもしれません。

ただ少しでも伸びた爪には、細菌がたくさん住み着いていますよ

爪を短く切って整えている場合と、爪を切らずに伸ばしている場合との指先に潜む菌数の違いを比較した面白い記事があります。

サラヤ㈱ バイオケミカル研究所調べ(画像拝借しております)

爪の長さによって、何十倍もの細菌が増えることがあると分かります。

爪下部分までしっかり洗えるのであれば良いのです。でも、ネイルをしていると無意識に剥がれないよう気をつけながら洗うので、ネイルをしていない時よりも念入りに洗わないのではないでしょうか。

つまり患者さんに対する看護や処置したときの衛生面を考えると、看護師がネイルをすることはダメだと言われてしまうのです。

看護師にとって清潔で安全な爪とは

看護師にとって清潔で安全な爪とは

では、看護師にとって清潔で安全な爪とはどんな爪なのか

ポイントは次の3つです。

  • 短く切り揃えられている
  • 爪の周りに傷・ささくれが無い
  • 爪・爪の周りの保湿ができている

詳しくお話していきますね。

短く切り揃えられている

看護師にとって清潔で安全な爪とは、短く切り揃えられていること。

爪が長く切り揃えられていないと、その爪が感染の媒体とになることや患者さんの皮膚を傷つけてしまうことがあります。

ただしあまり深爪をすると、傷がつき細菌から守れなくなり自分が感染してしまうことに。

キレイに整えることが大事ですよ☆

爪の周りに傷・ささくれが無い

看護師の爪には、爪の周りに傷やささくれが無いことが大切です。

爪の周りに傷やささくれがあると、その傷から細菌が入り込み感染してしまいます。その細菌が患者さんに移ってしまうことも。

また傷があると流水にしみてしまい、充分な手洗いができなくなります。

自分が感染から守るため、患者さんに細菌を移さないためにも、傷やささくれが無いようにケアしましょうね。

爪・爪の周りの保湿ができている

看護師は、爪や爪の周りの保湿ができていることは大事なこと。

仕事中、一行為一手洗いをすることが励行されています。そのため、手も指もカサカサになりやすい。

爪の周りも乾燥してしまい、皮膚のバリア機能が弱くなっていまいます。

そのため、指だけではなく爪や爪の周りもしっかり保湿するようにしましょう!

看護師がネイルOKな職場【仕事中もネイルしたい人必見】

看護師がネイルOKな職場【仕事中もネイルしたい人必見】

基本的には看護師のネイルはNGですが、ネイルOKな職場もありますよ。仕事中もネイルしたい人は必見ですよ!

  • 美容外科、美容整形、美容皮膚科
  • 治験コーディネーター
  • イベントナース、ツアーナース
  • 企業

詳しくお話していきますね。

美容外科、美容整形、美容皮膚科

美容に関わる職場である、美容外科・美容整形・美容皮膚科では看護師がネイルOKとしている職場が多いです。

そこで働く看護師は、患者さんの美のお手本としてキレイにしなければいけません。そのため、ネイルも派手なネイルではない限り許されているのでしょう。

転職サイトや求人を見ると、「ネイルOK」と表立って掲げている職場を探すことは出来ませんでした。

ただ、「ネイルOK」と検索すると美容関係のクリニックがたくさん掲載されていることが分かります。

よって職場にネイルOKかどうかを確認すべきですね。

治験コーディネーター

看護師がネイルOKの職場として、治験コーディネーターがあります。

全ての治験コーディネーターの職場がネイルOKなわけではなく、NGな職場もあるようです。

ただ、病院で働く看護師とは違い直接患者さんの肌に触れるわけではないので、ネイルが許されています。

その他にもOLのような服装、少し茶色のヘアカラー、結わなくてもいいヘアスタイル、ピアスや指輪もOKな場合も。

イベントナース、ツアーナース

看護師が仕事をしながらネイルができる働き方として、イベントナース、ツアーナースが挙げられます。

これらの仕事は派遣会社や転職サイトに登録し、単発で依頼されることがほとんど。職場に通うわけではないので、毎日きっちりと髪を結ったり薄いメイクをしたりと気を遣うことはありません。

そこまでは派手ではなければ、ネイル(もちろんラインストーンが付いてキラキラしているネイルは控えて)やピアスOK、メイクも多少濃くても大丈夫、髪も邪魔にならない程度でOKという場合も。

企業で働く看護師

看護師がネイルできる職場の例として、企業で働く看護師が挙げられます。

これは企業、つまり一般の会社員と同じような規定に従って仕事をするもの。その会社の規定で、ネイルNGと決まっていなければ派手でない限りネイルはOKな場合が多いですよ。

働く人たちがケガをして処置が必要な場合以外は、直接肌に触れて仕事はしません。よって、ある程度ネイルをしていても、問題視されないのでしょう。

看護師にとってネイルNGな場面

看護師にとってネイルNGな場面

看護師にとってのネイルは、清潔感・安全面・衛生面より好ましいものではありません。

ネイルがNGな場面は多いですが、その中でも特に注意すべき場面を2つ紹介します。

採血がメインの職場

看護師にとってネイルNGな場面とは、採血がメインの職場の場合

看護ケアの中でも一番と言っていいほど、患者さんに指先を見られる場面です。

もし、ちょっと目立つネイルをしている看護師に採血をされたら、

その爪で触らないで・・・

爪に細菌がたくさん付いていそう・・・

このようにイメージは悪いですよね。

手元を見られるからこそ、採血がメインの職場で働いている看護師はネイルを避けた方が良いでしょう。

転職活動の試験・面接

看護師にとってネイルNGな場面とは、転職活動中の試験や面接でのこと。

転職活動中は、気持ち新たに希望を持って活動します。そのため、ちょっとヘアカラー明るくしてみようかな、ネイルしてみようかなと気持ちも晴れがち。

でも、試験や面接の時は必ずネイルは素の爪で行くようにしましょう。

試験は試験監督に手元が見られており、面接は常に膝の上に両手を置いているので手元はしっかり見られています。

とくに病院の試験では、身だしなみも合否に関わることも。

大事な試験や面接が終わってから入職するまでの間、少しの時間があればそこでネイルを楽しむようにしましょう。

トップコートがダメな時でも使える!ネイルを楽しむ方法とは

トップコートがダメな時でも使える!ネイルを楽しむ方法とは

看護師がトップコートのような透明ネイルでもダメな場合。

そんな時でもネイルを楽しむ方法を5つご紹介します。

  • フットネイル
  • ジェルネイル
  • ネイルチップ、ネイルシール
  • マニキュア
  • 水性ネイル

詳しくお話していきますね。

フットネイル(仕事中もできる)

看護師が仕事中でも気にせずネイルを楽しむ方法には、フットネイルがあります。

仕事中、裸足になる機会はありません。そのため、派手なネイルを楽しむためには足の爪に思う存分ネイルをしてみましょう!

夏場はサンダルやミュールを履いていれば、足元がオシャレになりますよね。

わたしも病院で働いている時は、爪にはエメラルドグリーンや濃い赤色のような、絶対に爪にはできない色のネイルをして楽しんでいましたよ☆

剝がせるジェルネイル(ちょっとした長めのお休みに)

看護師のちょっとした長めのお休みには、剝がせるジェルネイルで楽しむこともできます。

ふつうのネイルはリムーバーや除光液で、ネイルをoffします。でも、剝がせるジェルネイルは手間がかからずペリッと剥がせます。

そのため、気軽にネイルを楽しめますよ☆

以前わたしがよく使用していたのは、こちらのジェルネイル↓↓

このセットを買うと、

  • コンパクトジェルライト
  • ネイルクレンザー
  • 2つのカラー
  • アレンジ用ネイルスティック
  • 使い方リーフレット

これらが付いています。

看護師は長いお休みを取る場合、夏休みくらいしかないですよね。その時のために、1セット購入しておくと楽しみが増えますよ!

デザインも可愛いので、インテリアのように飾ってもおしゃれ♪♪

公式ホームページには、たくさんのカラーがあってどれも可愛いですよ!

HOMEIの公式ホームページはこちら

ネイルチップ・ネイルシール(1日だけのお休みに)

看護師の夜勤明けや1日だけのお休みには、ネイルチップ・ネイルシールで楽しむことができます。

マニキュアやジェルネイルのように、自分で塗る必要がないのでとても手軽にネイルが楽しめます!

わたし自身、一番この方法で楽しむことが多いです。とくに子供がいるので、マニキュアや除光液のにおいが嫌なので。

ネイルチップやネイルシールは、100円ショップでも可愛いデザインがたくさんあるのでよく購入しています。

では、この記事を書いているわたしの爪をご紹介!

ジェルネイルシール

(1つ無いのは、子供に取られたので・・・笑)

オシャレな色の爪にしたいと思い、こちらをDaisoで買いました。

ネイルシール

ネイルシールを自分の爪に貼ります。

ネイルシール

(右の手は子供の手です・・・笑)

余った部分のシールを、付属の爪やすりでこすると、キレイに自分の爪の形にピッタリ!

こんな感じで、短く切り揃えた爪でもおしゃれなネイルが楽しめます。

シールなので除光液は必要なく、お湯につけるとペリッと剥がれました☆

マニキュア

看護師が一番安く簡単にネイルを楽しむ方法は、マニキュアを使うこと。

ネイルをしたい時にすぐできて、安いマニキュアなら1日でoffしても勿体なくありません。

日勤終わりにデートがある、ちょっとオシャレをしたいという場合は、簡単に準備できますよね。

普段仕事でネイルができない分、派手な色のマニキュアを買って楽しむのも良いですね!

おしゃれも爪ケアも同時にできる水性ネイル

看護師には打ってつけのネイルしながら美容成分が爪をケア「美爪の休日プレミアム」 を使う方法もあります。

爪のケアをしながら、自然なカラーで上品さを出すことができる水性のネイルです。

水性ネイルは速乾性があるので、塗るのも簡単。お湯でペリッと剥がれるのでoffも簡単

ツーンとしたにおいもなく、爪に7つの美容成分を与えることができますよ!

  • ケラチン
  • コラーゲン
  • ビタミンE
  • ビタミンB7
  • ビタミンA
  • ビタミンB2
  • ヒアルロン酸

看護師は爪がボロボロだと、傷がつきやすく感染する危険が!

だからと言って、爪のケアだけをする時間がない。だからこそ、オシャレと同時にケアもしてくれるネイルが1本でもあると安心しますね☆

看護師でもネイルしたいなら仕事以外で楽しもう!【ネイルOKな職場に転職もあり】

看護師でもネイルでおしゃれしたいなら仕事以外で楽しもう!【ネイルOKな職場に転職もあり】

看護師はネイルOKな職場もありますが、ほとんどはダメ。その理由は、清潔感・安全性・衛生面から。

でも、看護師だってネイルでオシャレができることが分かりましたね(*^-^*)

自分の休日の長さ、大事な予定などを考えて、気持ちがワクワクするネイル方法を見つけて楽しんでくださいね!

もし看護師の仕事をしながら爪にもオシャレなネイルをしたいのならば、ネイルOKな職場に転職することを考えてみましょう!

なかなか自分ではネイルOKな職場を見つけることは難しい。そんな時は看護師転職サイトを利用し、アドバイザーに直接求人先に聞いてもらうことが可能ですよ☆

何十社もある転職サイトから、8社を厳選した「看護師転職サイトおすすめ8社を徹底比較!現役ナースが厳選」の記事を読んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です