看護師×保健師ママの仕事と育児>>

看護師が転職を考えるきっかけとは?7つの理由やポジティブな伝え方!

看護師が転職を考えるきっかけとは?7つの理由やポジティブな伝え方!

転職したい看護師
転職したい看護師

職場の人間関係がストレスで辞めて転職したいんだけど、甘い考えなのかな…。

看護師が転職を考えるきっかけ、知りたい。

職場と転職先で嫌な印象持たれずに伝える方法も知りたいな。

今回はこのような転職したい看護師の悩みに答えていきます。

看護師なら一度は仕事を辞めたい、転職したいと考えたことがあるはず。それは、今の職場への何らかの不満だったり家庭の事情によるものだったりと様々。

ただどんな理由であっても「このまま働き続けるのは無理かも」と思いながら、嫌な気持ちで仕事をし続けて、看護師が嫌いになったら本末転倒。

誰だって、転職し晴々とした気持ちで楽しく看護の仕事をした方が絶対いい。

自分の気持ちを大事に、自信を持って退職理由を伝えられるよう次の内容に沿ってお話してきますね。

  1. 看護師が転職を考えるきっかけ【7つの理由について】
  2. 退職時、職場への伝え方
  3. 面接時、ポジティブな理由の伝え方
  4. NGな伝え方
  5. まとめ

最後まで読むことで、自分が退職したい理由お互い嫌な気持ちにならない伝え方転職先でのアピール方法が分かりますよ。

あみん
あみん

サラッと読める内容です!

少しでも後押しできる記事になれば嬉しいです♡

看護師が転職を考えるきっかけ!7つの理由とは?

看護師が転職を考えるきっかけ!7つの理由とは?

看護師が転職を考えるきっかけは、①職場への不満 ②家庭の事情 いづれかがほとんど。

ここでは7つの理由をご紹介します。

先にお伝えすると

  1. 人間関係によるストレス
  2. 夜勤や交代勤務による疲労
  3. 給料が割に合わない
  4. 結婚・妊娠・出産によるライフスタイルの変化
  5. 家族の介護が必要
  6. 配偶者の転勤
  7. 自身のキャリアアップ

わたし自身の経験談を交えて、1つずつ詳しくお話していきますね。

人間関係によるストレス

看護の職場は、いまだ女性が圧倒的に多い。そのため、女性特有の人間関係がありますよね。

新人看護師であれば、先輩と良好な関係が築けないとなれば仕事どころではなくなります。

苦手な先輩看護師と夜勤を共に…と考えるだけで、吐き気がすると言う看護師もいました。

それだけ業務内容以上に、職場の人間関係って大事。これが原因で辞めたいと思う看護師は少なくありません。

わたしが目の当たりにした人間関係の悪さは

  • 病棟副師長が新人看護師に「看護師向いてないから、辞めたら」と言っていた
  • 男性看護師がターゲットにされており、「出来ない看護師」のレッテルを貼られていた

いじめとも言えるような一方的な圧力のせいで、せっかくの看護師の仕事を嫌いになってしまうのは勿体ない。

クリニック看護師は人間関係で働きやすさが変わる!うまくいく3つのコツ

夜勤や交代勤務による疲労

大学病院や総合病院などは、夜勤や交代勤務がつきものです。

新人看護師の場合は、慣れない夜勤や不規則な生活に緊張がプラスされて、仕事自体に身が入らなくなるほど疲労感が出てきます。

ベテラン看護師であっても、体力的にきつくなり夜勤が出来ないという事態にも。

わたしが働いていた大学病院では、

  • 年に数回、1ヵ月間の夜勤専従が回ってくる
  • 2交代勤務、3交代勤務が混ざっており、日勤⇒深夜⇒深夜勤務という激務もあった
  • わたし自身、女性ホルモンのバランスが崩れて薬を飲みながら仕事をしていた

身体やメンタルを壊し、睡眠時間を削り生活リズムを崩してまで看護師を続けようとは思いません。

給料が割に合わない

一般的な女性(会社員、OL)の中で、看護師の給料は高いと言われています。

でも、実際に看護師として働いて「おぉ、給料高い!」だなんて思うことは…ありませんよね。

「自分が身を粉にして看護師の仕事をしているのに、給料が割に合わない」としか思えません。

収入なのでもちろん地域に格差はありますが、この意識は全国共通。

わたしの場合は、

  • 大学卒業であっても、月給20万円いかない
  • 残業は無かったことに、師長が残業時間を調整していた

自分が納得いく給料がもらえず、ストレスを抱えたまま同じ職場で働く義理はありません。

結婚・妊娠・出産によるライフスタイルの変化

看護師は女性が多い職業のため、結婚・妊娠・出産といったライフスタイルの変化があれば、生活に合わせて職場を変えることは自然。

妊娠中であれば身体に負担が少ない職場に行きたい、出産後は子育てしながら仕事も両立できるような職場に行きたい。

子どもが小学生に入ってから復職したい。結婚したら専業主婦になるが、いづれは看護師として働きたい。

わたしの場合、

  • 妊娠期は比較的、仕事が少ない健診センターで働く
  • 子育て中は比較的、融通が利く知り合いの開業医で働く

いろいろな家庭の事情があります。

ただ看護師として働ける場所はたくさんあるので、状況に合わせて転々としても仕事は無くなりません。

ママナースの転職!失敗しないように確認すべきポイントママナースの転職|失敗したくない!働きやすい職場を見つけるための確認ポイントとは? 看護師の転職体験談!10年間で4回!【看護師の転職体験談】10年間で4回!自分のライフスタイルに合った働き方を求めて

家族の介護が必要

親が若くして病気、年齢により介護が必要になることは珍しいことではありませんよね。

在宅で療養する場合は、誰かが付き添っていなければならない。そのために、看護師の仕事を仕方なく辞めて介護に専念する方も多くいます。

特に自分が40代以降になれば、親も70歳近くなり介護が必要という方が多く、これからキャリアアップという年齢で退職せざるを得ないことも。

配偶者の転勤

転勤が多い夫(妻)と結婚した場合、数年に1回県外への転勤に合わせて自分も退職する看護師も多いです。

小学生以上の子どもがいる家庭の場合は、配偶者(主に夫)が単身赴任を選ぶ家庭もありますね。

看護師として働くのであれば、県外に行ってもすぐに就職先は見つかるでしょう。

自身のキャリアアップ

今働いている職場では、自分の本当にやりたいことが出来ない、キャリアアップが出来ない場合、より自分を磨ける職場に行きたいと思うのは自然です。

職場の支援により認定看護師を取得したり、仕事に関連した資格勉強ができる時間をもらえたり。

せっかくの人生、自分のキャリアアップのために職場を変えることは必要。

転職したい看護師
転職したい看護師

どんな理由であっても、今の職場を辞めたいって思うことは悪いことじゃないんだね。

ホッとした・・・。

正確なデータをチェックしたい場合は、厚生労働省のHPをご覧くださいね。

第1回看護職員需給見通しに関する検討会 平成26年12月1日

【退職時】職場にどう伝えているの?

退職時に職場へどう伝えているのか?

退職すると決めた後、上司や同僚への伝え方には注意が必要です。

本音をそのまま伝えると、お互い嫌な気持ちのまま退職になる場合も・・・。

【看護師の退職】強い引き止めに悩まず病院を辞める方法【看護師の退職】強い引き止めに悩まない!円満に病院を辞める方法

そこで次の3つをメインにして、退職の意思を伝えるとトラブルはありません。

  1. 心身の健康上の理由
  2. 育児や介護など家庭の事情
  3. 自分のスキルアップ

伝え方のコツを詳しくお話していきますね。

心身の健康上

心身の健康が損なわれたことが原因で退職する背景には、

  • 人間関係のせい
  • 夜勤のせい

この2つがきっかけとなる場合が多い。

ただし本音で

〇〇さんから言われたことが辛くて、仕事を辞めます
夜勤がしんどくて、仕事を辞めます

こんな風に伝えた場合、名指しで言われた方は嫌な気持ちになり、夜勤を頑張っている他の看護師は「わたしだって、しんどいわ」と偏見の目で見られます。

本音だとしても、それがきっかけで「身体やメンタルが健康ではなく、仕事が続けられない」と伝えた方がお互いのためにベターですよね。

育児や介護のため

女性であれば、お腹を大きくして看護師の仕事をこなすのは危険。子育て中は、夜勤は出来ず急なお休みをもらうこともあり、他の看護師に迷惑をかける。

介護ができるのは自分しかいない。

これらをひっくるめて、

家庭の事情で、仕事を辞めなければいけなくなった

こう聞かされて、「いや、辞めないでよ」と言う人はいませんよね。

「辞めるのは仕方ないよね」と思ってもらえる理由を伝えると良いでしょう。

自分のスキルアップのため

自分のスキルアップのために転職したいと思うのが本音。でも・・・

ここでは、自分のスキルアップが出来ないので辞めます

そのまま伝えてしまうと、今いる職場を否定しているように聞こえます。

「自分は〇〇〇をしたい。ここでの経験を活かして、〇〇〇できるようになりたい。」

と、今の職場があるからこそ次のステップにいけるんだと伝えると、とても良い印象を持たれます。

転職したい看護師
転職したい看護師

本音で伝えた方がいいのかなって思ったけど、お互い嫌な気持ちにならないような伝え方をすべきだね。

あみん
あみん

本音をベースに伝え方を考えていこうね。

次は、転職先との面接でうまく伝える方法も見てみよう!

【面接時】ポジティブな転職理由の伝え方~段階的に~

面接でのポジティブな転職理由の伝え方

転職先での面接時、転職理由をポジティブに伝える方法として、主に3つのステップあります。

  1. 前向きな要素を入れる
  2. 転職先での仕事の意気込み
  3. 長く働く意思

採用する側は、「すぐに辞めてしまう」「自分で学ぶ姿勢がない」「問題解決が出来ない」看護師は採用したくありません。

でも、この3つを段階的に伝えられると、「採用したい」と思ってもらえること間違いないでしょう!

それでは1つずつ詳しくお話していきますね。

前向きな要素を入れて伝える

面接時ポジティブに伝えるためのステップ1は、前向きな要素を入れること。

退職した理由がネガティブな理由であった場合、そのまま伝えてしまうと働く前からマイナスな印象がついてしまいます。

たとえば 

マイナスな印象

「前の職場では、人間関係がうまくいかず周りとコミュニケーションが図れませんでした。それがきっかけで休職するか、転職するか迷い、転職することにしました。」

⇒この人は、うちの病院で働いて同じような状況になった場合、また休職するか辞めてしまう人なのかもしれない。

実際に、このような話をしていた看護師を見たことがあります。

何か困難なことが起きたとき、自分で解決せずに逃げていくのかなと印象を受けますね。

「人間関係がうまくいかずに辞めた」ことが理由でも、前向きな要素を入れるだけで受ける印象は変わってきます。

前向きな要素を入れる「人間関係編」

「先輩看護師との関係でうまくいかない事がありましたが、相手の多様な考え方を知る良い経験になりました。看護師として尊敬する部分をしっかり吸収し、わたし自身新たな環境で発揮していきたいと考えています。」

⇒嫌な経験があっても、それを自分の糧にできる看護師なのだろう。これから先も前向きに様々な問題を解決していけそう。

ここで大事なのは、嫌な気持ちになった経験をどう活かしているのか。

採用する側になれば、「嫌なことから逃げてきた」看護師よりも「嫌なことがあっても自分のエネルギーに変えられる」看護師の方が絶対に良い。

人間関係の悩み以外でも、「夜勤や交代勤務が嫌だった」という退職理由も同じです。

仕事をしている上で嫌なことがあって当たり前。

嫌なことがあって逃げても良いですが、それを面接時に伝えるのはやめた方がいいでしょう!

転職先での仕事の意気込みを伝える

面接時ポジティブに伝えるためのステップ2は、転職先での仕事の意気込みを伝えること。

ステップ1でネガティブな理由に前向きな要素を入れて伝えた内容に、このステップ2を続けて伝えていきます。

たとえば、「夜勤や交代勤務が嫌で辞めた」場合。

ステップ1から見ていきましょう。

ステップ1

「夜勤や不規則な生活が大変だったことは事実です。しかし、看護師の人数が少ない中で、自分なりにタイムスケジュールを組んで効率よく患者さんとコミュニケーションを取り、どう優先立てて看護をしていけば良いのか学ぶことができました。」

ステップ2

「こちらのクリニックでは、夜勤や交代勤務は無い代わりに、看護師の人数が少ないので日勤の看護業務が多忙と聞いております。そこで、前職の経験を活かし、忙しい中でも患者さん1人1人に気を配り、スムーズに安全な看護を実施できるように頑張りたいです。」

こちらの例では、夜勤や交代勤務があった大きな病院から日勤だけのクリニックに転職する設定。

たとえ「夜勤が無いところで働きたい」という本音があったとしても、前向きな気持ちで「嫌だったことを次の職場で活かしていく」という意気込みが感じられます。

やる気に満ちあふれている姿勢を、しっかりとアピールできるようにステップ2は必ず伝えると良いですよ。

長く働く意思を伝える

面接時ポジティブに伝えるためのステップ3は、長く働く意思を伝えること。

ステップ1、2を伝えた後、締めの言葉として伝えると良いです。

採用する側は、「すぐに辞めてしまいそう」な看護師よりも「長く働き続けてくれる」看護師の方が圧倒的に採用したい。

ステップ3

「こちらの職場で、今までの経験を活かしつつ多くの新しい看護を学びながら長く働き続けていきたいと思います。」

簡単に伝えると、このような形がベストでしょう。

自分なりに肉付けし、媚びを売らない程度にアピールできると良いですね。

転職したい看護師
転職したい看護師

面接する段階の前に、このステップ通りに「退職の理由」をどうポジティブに伝えられるか自分で考えよう!

転職先の情報もしっかりと集めて、自分をアピールできるようにしないとね。

あみん
あみん

転職理由を伝えるとき、NGな伝え方があるので併せてお話していくね。

看護師の転職理由!NGな伝え方

看護師の転職理由!NGな伝え方とは

退職時、面接時のどちらの場面でも、転職理由を伝える際にNGな伝え方があるので注意が必要。

それは次の2つです。

  1. 思っていない事を言う
  2. 周りに責任転嫁する

それぞれの例を挙げて、詳しくお話していきますね。

思っていない事を言う

本当の退職理由があっても、そのまま伝えてしまうとマイナスな印象になると前述しましたが、だからと言って思っていない事を言うのはNG

嘘をつくと相手にバレてしまいます。

たとえば

NGな例

  • 人間関係によるストレス、夜勤や不規則な生活によるホルモンバランスの乱れなどで服薬しているのに、それを伝えない
  • 転勤族の夫がいるのに、「もう転勤することはない」と伝える
  • 子どもが欲しいのに、「バリバリ働く予定」だと伝える

など

服薬中、妊娠・出産の予定があれば、あまり身体に負担がかからないよう仕事を調整してもらうことが出来ます。

職場側にも迷惑をかけることにもなる上、思っていない事を言えば自分自身に大変さが返ってくることに。

ネガティブに捉えられないよう、自分の本音をうまく伝えることが大事ですよ。

周りに責任転嫁する

自分が辞める原因を周りのせいにすることは絶対にNGです。

たとえ誰かにいじめられて辞めることになったとしても。

NGな例

  • 自分が辞めるのは、先輩看護師からのいじめが原因
  • 自分のスキルアップが出来ないのは、職場の教育体制が整っていないから
  • 妊娠や出産しても、協力してもらえない職場だから

など

本音では言いたいところですが、そこは我慢して周りに責任転嫁しない伝え方をしましょう。

伝え方は前述した「【面接時】ポジティブな転職理由の伝え方~段階的に~」を参考にしてくださいね。

転職したい看護師
転職したい看護師

ネガティブな理由って、本音で言いにくいけど嘘はついちゃダメだね。

責任転嫁する人って、自己中心的で一緒に働きたくないよね。

あみん
あみん

看護師の転職って、本音と建前を上手に使い分けていくことが大事だよね。

看護師の転職は計画的にしっかりと準備をすれば後悔なし!

看護師の転職は計画的にしっかりと準備すれば後悔なし!

看護師が転職を進めていくためには、計画的にしっかりと準備をする必要があります。

今回は、その中でも「退職する理由・職場や転職先での上手な伝え方」についてお話しました。

要点をまとめると

  1. 看護師が転職を考えるきっかけは、職場への不満や家庭の事情がほとんど
  2. 職場先に退職する意思を伝える際は、本音をベースにお互い嫌な気持ちにならないように考えることが大事
  3. 転職先での面接時、退職の理由はポジティブに変換させ、段階的に伝える
  4. 本音を隠して嘘をついたり、辞める責任を周りのせいにすることはNG
  5. 本音と建前を上手に使い分ける

看護師が転職を考えるのは自然なこと。

職場先、転職先に退職の理由を伝える場合は、この記事のまとめを確認してみましょう。

嫌な気持ちで辞めることになったり、マイナスな印象を受けたまま転職したりすることがないように注意しましょうね。

あみん
あみん

前向きに転職活動できるように、計画的に準備は大切ですよ!

転職活動における悩み、職場環境(人間関係や給与面など)の不安がある場合は、看護師転職サイトの利用がおすすめ!

全て無料で簡単に登録できます。転職に向けての準備の一環として、まずは登録してみることが転職の成功率をアップさせてくれるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です