【厳選!】おすすめの看護師転職サイトはこちら>>

看護師の転職にハローワークは利用すべき?メリット・デメリットや活用方法を解説

看護師の転職にハローワークは利用すべき?メリット・デメリットや活用方法を解説!

転職したい看護師
転職したい看護師

転職したいんだけど、ハローワークで求人を探すのって実際どうなんだろう。

ハローワークを利用するメリットとデメリットを知ってから転職活動したい。

今回はこのような転職したい看護師の悩みに答えていきます。

看護師の転職方法には、大まかに4つの方法があります。

関連看護師の転職方法は4つ!メリット・デメリットを解説【これを知れば失敗なし】

その中でも今回は、ハローワークでの転職活動についてのお話を。

転職活動をしている看護師の中には早く転職先を見つけたくて、とりあえずハローワークに登録して求人を探そうとする人がいます。

いざ、ハローワークに行ってみると看護師の求人は多いとは言え、なんだか自分の希望通りの転職先が見つからず、結局ダラダラと時間ばかり過ぎていく・・・

こんな経験をした看護師は多いです。(わたしもそうでした)

そして妥協して決めた転職先で働き始めて、「こんなはずじゃなかった」と後悔しては遅いですよ。

より良い転職先を見つけるためには妥協はNG。ハローワークで求人を探すにしても、ハローワークを利用するメリット・デメリットを把握しておくことが大事です!

今回は、

  1. 看護師の転職にハローワークは利用すべき?
  2. ハローワークのメリットやデメリット
  3. ハローワーク活用方法
  4. 看護師の転職は〇〇〇と併用がおすすめ
  5. まとめ

このような内容でお話していきます。

最後まで読むと、自分はハローワークを利用した方が良いのか分かります。さらに、ハローワークと一緒に利用しておくべき転職方法をご紹介していまよ。

あみん
あみん

サラッと読める内容です!

ぜひ最後まで見てくださいねー!

看護師の転職にハローワークは利用すべき【結論】

看護師の転職にハローワークは利用すべき【結論】

看護師の転職には、ハローワークを利用することも1つの方法です。その特徴について3つお話しますね。

対面で相談しながら転職活動を進められる

ハローワークを利用するためには、就職・転職したい人が直接出向く必要があります。

忙しい看護師にとっては、平日でお休みの日や夜勤明けに行くしかないので大変かもしれません。

でも、ハローワークでは対面で職員の方に相談しながら転職活動をすすめることが出来るので、電話やネット上で自分の希望を伝えるよりも、担当の方と対面で伝えた方が誤解が少ないです。

求人の内容で聞きたいことは職員が代わりに問い合わせ

求人の中で、自分が気になったこと(勤務条件や給料に関することなど)は職員が代わりにお問い合わせをしてくれます。

特に便利なところは、「次回までに問い合わせしておきます」というわけではなく、その場ですぐに先方へ連絡してもらえることです。

もし自分の条件に合わない場合は、すぐに次の転職先を探すことができます。

雇用保険の失業手当を受けることができる

離職後、次の就職先を探して働く意思がある場合は、雇用保険の手続きを行うことができます。

また、受給資格を満たすと失業手当をもらうことが可能に。

ここでの失業とは、

離職した方が、「就職しようとする意思といつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にある」こと

ハローワークインターネットサービス 雇用保険の具体的な手続き

次のような場合は、失業手当を受けることができません。

  • 病気やけがのため、すぐには就職できないとき
  • 妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できないとき
  • 定年などで退職して、しばらく休養しようと思っているとき
  • 結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができないとき

これらに該当しなければ、ハローワークの雇用保険を利用することで失業中の最低限の生活が補償されます。

【看護師の転職】ハローワークを利用するメリット・デメリット

【看護師の転職】ハローワークを利用するメリット・デメリット

看護師の転職でハローワークを利用するためには、メリットやデメリットを知っておくと良いです。

ここでは、次の3つのメリットとデメリットについてお話していきますね。

メリット

  • 求人数が多い
  • インターネットで簡単に探せる
  • 地域に密着した求人を見つけられる

デメリット

  • 就職先が見つかるまで通う必要がある
  • 質の悪い求人が混ざっていることがある
  • 職員は「看護師の転職」に詳しいわけではない

では、1つずつ見ていきましょう。

あみん
あみん

まずはメリットから見ていきましょう!

メリット①:求人数が多い

ハローワークは、全国に1か所以上の拠点があり求人数が多いことがメリットです。

都心から離れた田舎の地域(わたしが住んでいるところ)でも、求人を見つけることが可能。

例えば、

「東京都 看護師 一般求人」で検索すると、求人数は3535件(2021.1月時点)

「宮城県 看護師 一般求人」で検索すると、求人数は896件(2021.1月時点)

転職サイトと比べると求人数は少ない。でも、地域によっては求人が無い転職サイトもあり、その点においてはハローワークは利用すると良いですね。

メリット②:スマホやPCで簡単に求人を探せる

ハローワークは地域にある窓口に出向く他に、ハローワークインターネットサービスを利用することができます。

求職者として登録していない方でも、気軽に求人を見ることが可能。

登録していなくても職種や雇用形態、就業時間、給料、業務内容など詳細を見ることができますよ。

忙しい看護師にとって、スマホやPCで求人を絞り込むことが出来るので、とても便利なサービスです。

メリット③:住んでいる地域に密着した求人を見つけられる

ハローワークは全国各地に数か所設置されています。

例えば

  • すぐに転職先を見つけたい
  • 子育て中のため家の近くの求人を探したい
  • 自分の知っている地域の求人を見て選びたい

このように考えている看護師さんなら、ハローワークを利用するのがベストです。

自分の住む地域で働くことは安心感があります。さらにハローワークの職員との会話でも言葉の誤解が少なくなりますよ。

あみん
あみん

次にデメリットを見ていきましょう!

デメリット①:希望の転職先が見つかるまで通う必要がある

ハローワークで転職をする方法では、希望の転職先が見つかるまでハローワークに通う必要があります

看護師として働きながら、転職先を見つけようとしている方の場合は仕事が忙しい上に、何度もハローワークに通わなければならず・・・大変です。

わたし自身、行政保健師として働きながら通った経験があります。

ここで注意すべき点は、ハローワークは公的機関であり、窓口は基本的に平日17時15分まで。(平日夜間及び土曜日も利用可能な施設はこちらから

公務員の仕事でしたので、ハローワークに行く日は早退や半日お休みをもらって行きました。

3回ほど通って転職先を見つけましたが、見つからなければ何度も通っていたことでしょう。

デメリット②:質の悪い求人が混ざっていることもある

ハローワークは、地元に密着しているため色んな業種の求人者が求人を出しています。

時折、質の悪い求人が混ざっていることもあるので注意が必要。

ハローワークのインターネットサービスは誰でも見ているので、良い求人は掲載されてすぐに埋まります。

良し悪しを見極めることは難しいのですが、経験を踏まえて以下の点を注意してみましょう。

  • 紹介期限が切れても、何度も掲載されている求人
  • 求人内容が詳細ではない
  • 実際にお問い合わせした際、納得いかない点がある

このような場合は、応募を見送った方がいいですよ。急いで転職先を探そうと、妥協すべきではありません。

デメリット③:職員は看護師の転職に詳しいわけではない

看護師の転職にハローワークは利用すべきと言いましたが、完全に職員を頼ることはやめましょう。

ハローワークの職員は、様々な業種の就職支援を行っていますが、決して看護師の転職に詳しいわけではありません

まれに「こちらの求人がおすすめですよー」と求人を勧めてくる職員がいます。本当におすすめかもしれませんが、そこは自分の目で求人内容を確認すべきです。

本当に看護師の転職に詳しい職員もいるかもしれませんが、案外自分の勘が正解な場合もありますから。

【看護師の転職】ハローワークはこう使え!活用方法!

【看護師の転職】ハローワークはこう使え!活用方法!

では、看護師の転職にハローワークはどう利用すれば良いのでしょうか。

ここでは3つのポイントをお伝えしますね。

ポイント
  1. ハローワークは補助的に
  2. インターネットサービスで求人を絞る
  3. 子育てママはマザーズハローワークを

1つずつお話していきますね。

ハローワークは補助的に使う!

これまで看護師の転職にハローワークは利用すべきと何度もお話してきました。

が、注意して欲しいこと。それは、ハローワークだけが求人の全てでは無いということ。

ハローワークだけで求人を探さず、補助的に使いましょう!

  • 知人から紹介してもらう
  • ナースセンターで求人を探す
  • 転職サイトに登録する
  • 地元の求人誌を見てみる

これらと併用すれば求人を見極める力も養われる上、より転職先の選択肢が広がりますよ。

インターネットサービスで求人を絞ってから出向く!

ハローワークは、直接窓口に行って相談し求人に応募する必要があります。

ただ、ハローワークは平日でも混みあっています。1人あたりに時間がかかるので、待ち時間も長い。

ハローワーク内には求人を閲覧できるパソコンがあり、インターネットサービスを利用しなくても求人を探すことは可能。

ですが、先にインターネットサービスで求人を見て目星をつけてから窓口に行く方が断然スムーズです。

待ち時間が長くても、トータルで考えると短い時間で済みます。忙しいし、疲れが取れない看護師にとって、転職活動は体力と精神力が削られるので。

子育てママには「マザーズハローワーク」が便利!

転職を考えている看護師の中には、子育て中のママが多くいます。

今の生活に合った職場を見つけるために、ハローワークに通おうと思っても小さなわが子がおり相談にすら行けない。

こんなママのために、ハローワークにはマザーズハローワークという施設があります。

マザーズハローワーク
マザーズジョブサポート山形

こちらの画像のように、キッズスペースがあるので小さなお子さんが一緒でも安心して転職相談が出来ますよ。

ご自分の状況に合わせて、ハローワークを上手に利用してくださいね。

看護師の転職はハローワークと転職サイトの併用がベスト!

看護師の転職はハローワークと転職サイトの併用がベスト!

看護師の転職は、ハローワークと転職サイトの併用が一番効率が良い方法です。

その理由を3つお話していきますね。

転職サイトだけに掲載している求人がある

ハローワークは地元に密着した求人が多数あり、転職サイトにはそこのサイトだけに掲載している求人があることを知っておくと良いです。

大手の転職サイトでは求人数が全国で10万件あるところも。ただし、人気な求人や条件の良い求人は非公開になっていることが多い。そのため、転職サイトに登録することが必要です。

そして、ハローワークと転職サイトを併用することで、一気に求人の選択肢が広がり自分に一番ピッタリの求人を見つけることが可能になります。

選択肢が多いと選ぶのが大変という方は、ハローワークのみで転職活動をすると良いでしょう。

看護師の転職に特化したサポートが受けられる

看護師の転職サイトはハローワークとは違い、担当者は看護師の転職を専門としています。そのため、転職活動のノウハウや退職までの支援を全て担っているサイトもありますよ。

履歴書の書き方や面接は、一般と看護師とは違って専門的な要素があります。転職サイトでは、看護師の転職に特化したサポートを受けることが可能です。

ハローワークでは求人だけを見て、実際に求人応募するのは転職サイトで、という方法が良いでしょう。

土日や祝日・夜遅くでも対応可能

前述したようにハローワークは、公的機関のため窓口は17時15分で閉まります。もちろん土日や祝日の開所はありません。

看護師の仕事は不規則で、夜遅くまで仕事だったり平日は夜勤明けでハローワークに行くのはしんどかったり。

そんな忙しい看護師だからこそ、転職サイトは土日・祝日関係なく相談を受け付けています。さらに夜遅くでも対応可能なサイトもありますよ。

これなら安心して転職活動を続けることができますよね。

看護師転職サイトは無料なものがほとんど。まずは登録してみると転職がスムーズに進みますよ!

看護師転職サイトおすすめ厳選!徹底比較!2021年保存版看護師転職サイトおすすめ3社を徹底比較!現役ナースが厳選【最新版】

ハローワークを上手に活用して後悔ない転職活動を!

ハローワークを上手に活用して後悔ない転職活動を!

ハローワークは、看護師の転職には利用すると良い方法の1つだと分かりましたね。

この記事でのまとめはこちら。

  • ハローワークは、対面でじっくりと転職相談が出来る上、失業保険などの支援を受けられることも
  • ハローワークを利用するメリット・デメリットを知った上で利用する
  • ハローワークだけで転職活動をするのは勿体ない
  • ハローワーク+転職サイトの併用が最強!

看護師の転職活動において、ハローワークは地域に密着した求人を探せる方法ではありますが、さらに選択の幅を広げるために転職サイトと併用してみましょう。

ハローワークは上手に利用し、後悔しない転職活動を送ってくださいね。

看護師転職サイトおすすめ厳選!徹底比較!2021年保存版看護師転職サイトおすすめ3社を徹底比較!現役ナースが厳選【最新版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です