看護師×保健師ママの仕事と育児>>

こんな看護師は転職がうまくいかない!?転職経験者が失敗しない3つの方法を解説!

こんな看護師は転職がうまくいかない!?転職経験者が失敗しない方法を解説!

転職したい看護師
転職したい看護師

転職がうまくいかない看護師って、どんな特徴があるんだろう?

もし失敗したら、またやり直せるの?

失敗しない方法を知りたい!!

今回は、こんな転職活動の悩みを抱く看護師の不安を少しでも解消できる記事になっています。

これから転職活動を始めようと情報収集し、果たして自分は最高の職場に転職できるのだろうかと不安になりますよね。

これはみんな同じ。転職先が本当に最高かどうかなんて現時点では自分で判断できません。

ただ、あなたには今できることはあります。

それは、転職がうまくいかない看護師の特徴をおさえ、失敗しない方法を知ること

  1. 転職がうまくいかない看護師の例
  2. 失敗しない転職をする3つの方法
  3. それでも失敗したら?
  4. 看護師が転職を成功させるために

当記事では、この4項目について詳しくお話しています。

最後まで読むと、「たしか、失敗する看護師って・・・」と意識しながら転職活動をスタートできますよ。

大きな失敗をすることなく、自分に最適な転職先と出会うための1つの支えになれば嬉しいです。

あみん
あみん

わたしの失敗談を反面教師として、転職がうまくいくように願っています!

サラッと読める内容です。ぜひ、最後までご覧くださいね!

こんな看護師は転職がうまくいかない!例を挙げて解説!

こんな看護師は転職がうまくいかない!例を挙げて解説!

こんな気持ちで転職をする看護師は、うまくいきません。

失敗する例

  • 高い給料を優先し転職
  • 知人から紹介されて転職
  • 新しい病院だから転職
  • 残業や夜勤が無いと聞いて転職
  • 子育てママでも勤務可と信じて転職
  • 時間が無いのでとりあえず転職

6つの例を挙げて解説していきますね。

【高い給料を優先し転職】激務で身体を壊して薬を飲み始める

転職するなら、今よりも給料が高いところで働きたいと思うのは当然ですよね。

月給40万円超え・残業なし・人間関係良好・業務も分担されていて個人の負担少ない…

そんな職場、もしかしたらあるかもしれません。

でも高い給料を優先したことで、

  • 日勤なのに夜中まで残業
  • 休日にはカンファレンスや勉強会のため出勤
  • 人間関係は最悪
  • 業務は1人あたりの負担が大きすぎ

こんな職場に転職し、激務のために心身を壊して精神安定剤を飲みながら仕事をしている看護師がいましたよ。

高い給料の求人ばかりが目に付く看護師は、ちょっと注意した方が良いです。

【知人から紹介されて転職】業務内容が自分に合わずツライが辞めにくい

働きながらの転職活動は、時間と手間がかかります。そんな時、知人から紹介された職場に転職できたらラッキーと思うのは当然ですよね。

知人が働いていた職場だった場合は、雰囲気や業務内容、給料について詳しく情報を得ることができます。

ただ、もし自分が経験したことのない分野の職場であれば、実際に働いてみないと分かりません。

さらに知人からの紹介による欠点があります。それは、自分に合わないと思っても辞めにくいこと

実際に知人からの紹介で、大学病院からクリニックに転職したが、クリニック自体の業務内容が自分に合わず毎日ツライ気持ちで仕事をしている看護師がいます。

紹介してくれた知人の恩があるので、なかなか辞められず、結局辞めるまでに半年以上かかったようでした。

簡単に転職できるからこそ、欠点を見逃していたのかもしれませんね。

【新しい病院だから転職】毎日の通勤がキツくなり休みがちに

大学病院や総合病院は、基本的に何十年も地域に根付いた病院です。一方、クリニックなどは新設したばかりの病院をよく見つけます。

転職するなら、キレイな新しい職場で気持ち良く働きたいと夢をみがち。

新しいクリニックだからと転職した結果、車での通勤が1時間の職場を幼稚園児の送迎をかかえながら働いていたママナースがいました。

家庭の状況を考えると、通勤に時間がかからないことは大事な条件のハズでした。

他の大事な条件を妥協してはいけないのです。

【残業や夜勤無しと聞いて転職】休憩や有休が全く取れない

今の職場で、夜勤の回数や日々の残業が多すぎてツラくなり、残業も夜勤も無い職場で働きたいと思うのは当然ですよね。

たとえば、求人広告で

「残業なし!夜勤なし!日勤のみで働ける看護師さん募集中!!」

こんな求人見たことあります。きっと、書いている内容に嘘はない。

実際こんな職場に転職した結果、お昼休憩は全く取れず、有休は1日も消化できないような多忙な病院で働いていた看護師がいました。

しっかりと休息が取れない働き方では、いつか心身を壊しかねます。

【子育てママでも勤務可と信じて転職】ママナースは1人もおらず全く理解されない

子供を保育園や幼稚園に預けて復職するママナースが、まず子育てママでも勤務できる職場を探すことは当然ですよね。

よくクリニックや施設などでは「子育てママでも働きやすい職場環境です」と謳っている所を見かけます。

でも注意して欲しいのは、子育てママでも勤務可だからと言って子育て中のママに全面的な理解があるとは限らないという事。

そんな謳い文句を信じて転職した結果、実はその職場にはママナースなんて1人もいない。もちろん、子供の体調不良や行事で早退・有休をもらうことに理解を得られない。そんな職場で働いていた看護師がいました。

ママナースが働いていなければ、やむを得ず仕事を休む本人の気持ちなんて、理解できるはずがありません。

【時間が無いのでとりあえず転職】人間関係が最悪で早く辞めたい

夫の急な転勤で転職の必要があり、時間が無いのでとりあえず転職先を決めてから後のことは考えようと思うことは、よくあります。

転職活動にかける時間がないので、自分の希望する条件は後回し。転職先の内部情報をさっぱり知らずに入職してしまうことに。

とりあえず転職した結果、実は人間関係が最悪で働きやすさが1㎜も無い職場だったことが分かり、早く辞めたいと思いながら働いている看護師がいました。

自分に合わないからと言って、すぐに辞めて転職・・・というわけにはいきませんよね。

あみん
あみん

世の中には、色んなパターンで転職を失敗した看護師さんがたくさんいます。

転職する前に失敗しない方法を知っておき、入職後の後悔を少しでも無くしていきたいですよね!

看護師が失敗しない転職をする3つの方法【経験者が伝授】

看護師が失敗しない転職をする3つの方法【経験者が伝授】

転職後に「失敗した・・・」と思う理由には、事前の準備不足が原因で、自分が思っていた職場と違っていたと感じることが挙げられます。

看護師がより良い転職をするためには、失敗しない方法を知っておくことが大切です。

  1. 情報収集は漏れなく!
  2. いろいろな求人を比較!
  3. 実際に見学させてもらう!

この3点について、詳しくお話していきますね。

情報収集は漏れなく行う

事前準備として一番大事なことは、情報収集を漏れなく行うこと。

入職後に感じる「自分が想像していた職場とはちがう」というギャップを、事前の情報収集によって減らすことができます。

情報収集する内容として

  • その職場の経営方針
  • 人間関係
  • 給料や福利厚生
  • 業務内容
  • 勤務時間、夜勤の有無
  • 自宅からの距離、通勤方法
  • 離職率

など

最低限、この辺りは情報収集しておくと安心です。

自分がママであれば、子育て中のママナースが働いているのか、休みのとりやすさはどうなのか。

家庭の状況に合わせて、自分に必要な情報を漏れなく集めます。

自分で情報収集するのには、ちょっと限界が。人間関係や離職率などの内部情報は、そこで働いている人に聞くしかありませんよね。

そこで、ハローワーク看護師転職サイトなどを利用してみるのも1つの方法ですよ。

いろいろな求人を比較してみる

事前準備として次に大事なことは、いろいろな求人を見て比較すること。

1つの求人だけを見ると、それが全てに思えてしまいます。しかし、自分の希望する条件であれば複数の求人を見比べてください。

すると、

  • Aは給料が高い分、残業が多い⇔Bは、給料は今の職場と大差は無いが、定時で帰れる日が決まっている
  • Cは自宅から近い所にある⇔Dは子供の幼稚園の近くにある

など

たとえば、条件として「給料は今より下がらなければOK、その分自分の時間が取れる働き方がいい」と思えば、転職先はBが良いですよね。

たとえば、自宅から幼稚園がちょっと遠い場合。自分の職場が、自宅に近い方がいいのか、送迎があるので幼稚園に近い方がいいのか。CかDか、迷いながら決めます。

多くの求人を見れば見るほど、「この条件、いいなー」と思うことも多くなり、転職先を決めるまで悩むでしょう。

でも、この悩みが転職活動では大事。

適当に決めるのではなく、働き始めた後の状況をイメージしながら自分にとってどの職場が合っているのか決めることができます!

実際に見学させてもらう

事前準備としてもう一つ大事なことは、希望する転職先を実際に見学させてもらうこと。

ハローワークや転職サイト、求人広告を利用して転職活動していると、何枚かの写真で求人の第一印象が決まります。

ただ、これでは内部がさっぱり見えてきません。内部を見るためには見学が一番。

たとえば病院の求人だった場合、

  • 外観
  • 職員の控え室
  • ナースステーションの整理整頓
  • 清潔さ
  • 働いている職員の様子
  • 患者さんの状態

など

最低限、見学すべき内容です。

ここに加えて、通勤経路や方法、通勤時間(夏、冬)について見学への往来で確認しておきましょう。

見学をさせて欲しい旨は、ハローワークや転職サイトの担当者に相談したり、自分から病院に問い合わせたりといった方法がありますよ。

あみん
あみん

しっかり情報収集して、複数の求人を見比べて入職後の自分をイメージして、実際に見学に行く。

この3点を忘れずに転職活動をすれば、失敗しないこと間違いなし!

もしも「転職に失敗した」と感じたら

もしも「転職に失敗した」と感じたら

どんなに事前準備をして、ここだと思った求人に転職したとしても、「あれ、転職に失敗したかも・・・」と思うことだってあるのは当然です。

失敗したと感じた時、どう対処したらいいのか知っておくことで、恐れずに転職活動をスタートすることが出来ます。

一番大事なことは、自分で考えてみること。

  1. 自分の気持ちを上司に話す
  2. その職場で働きつづけることの意味
  3. 本来自分がやりたい看護

この3点について、詳しくお話していきますね。

まずは自分の気持ちを上司に話してみる

転職し働き始めると「この職場は自分にぴったりかも」と感じたり、「想像していた働き方とは違うかも」と感じたりします。

もし後悔してしまうなら、上司が原因ではない場合は一番近い上司または先輩看護師に相談してみましょう。

相談する際は、職場や誰かの悪口を言うような伝え方は絶対にしてはいけませんよ。

また、給料や福利厚生に関することは上司に相談しても解決はなりません。

ただ相談することで、気持ちが楽になることでしょう。

その職場で働きつづける意味を考えてみる

転職先で後悔することがあった場合、その職場で働きつづける意味を考えてみましょう。

このまま働き続けることが、自分のためになるのかどうか。

  • 自分の身体がボロボロになるかもしれない
  • 自分が好きだった看護が嫌いになってしまうかもしれない
  • キャリアアップは期待できない
  • 子供を疎かにしてしまうかもしれない

少しでも不安があれば、その職場で働きつづけたことで、自分の生活にどんな変化をもたらすのかイメージしましょう!

本来自分がやりたい看護を考えてみる

上司に相談し、働き続けるべきかイメージした次は、本来自分がやりたい看護って何かを考えてみましょう。

きっと、その理想と現実のギャップがあるからこそ後悔するのでしょう。

  • 本当は急性期で働きたい。実際は慢性期の患者さんばかり看ているので、仕事が面白くない
  • 残業が多すぎて、本来は患者さんとゆっくりお話したいのに、そこに時間をかけられなくてもどかしい。

自分の正直な気持ちを振り返ってみると、「本当はこうしたいのに、実際はこうなんだ」という差に気づくでしょう。

あみん
あみん

失敗したなと思ったら、働きたくない気持ちを抑えつつ、まずは自分自身の考え方を振り返ってみましょう。

それから再度転職するかどうか決めても遅くありません。

看護師が転職を成功させるために

看護師が転職を成功させるために

看護師が転職を成功させるための3つのポイントをお伝えします。

ポイントは次の3つ。

  1. 転職する目的を再確認する
  2. 妥協できること・できないことを明確にする
  3. 看護師の転職に精通したモノの利用

1つずつ詳しくお話していきますね。

転職する目的を再確認する

転職を成功させるための方法として、まずは転職の目的を再確認します。

きっと転職したい理由は、いまの環境を変えたい、変えざるを得ない場合がほとんどでしょう。

  • 夜勤がキツいので、夜勤無しの職場で働きたい
  • 給料が低いので、もう少し高い給料が欲しい
  • 子育てしやすい環境で働きたい

転職したい目的をいま一度確認し、どんな条件を最優先にして転職先を決めるのか明確にしましょう!

妥協できること・できないことを明確にする

転職を成功させるために、妥協できること・できないことを明確にすることも大切です。

たとえば

  • 残業があっても構わないので、給料が高い職場がいい
  • 少し通勤に時間がかかってもいいので、人間関係が良い職場で働きたい
  • 自分に興味がない分野でもいいので、子育てママに理解ある職場で働きたい

など、妥協できる条件とできない条件を分かりやすいようにリストアップしておきましょう。

それをもとに、求人を見比べたり見学に行ったりして転職先を決めます。

看護師の転職に精通したモノの利用

転職活動は自分の意思で決定します。

しかし、看護師の転職に精通した人に相談したり、サポートしてもらったりすることで成功率はアップします。

看護師の転職でよく利用されるモノは、ハローワークや看護師転職サイトです。

ハローワークは地元の求人に密着していますが、看護師だけの求人は少なく、ハローワークの職員は看護師の職業自体に詳しいわけではありません。

一方で看護師転職サイトは、アドバイザーは看護師の職業に詳しく、さらに自分では聞けない求人の内部情報を代わりに聞いてくれるサービスがあります。

自分にとって、どちらの利用がベストなのか次の記事を読んで決めてみましょう!

看護師転職サイトおすすめ厳選!徹底比較!2021年保存版看護師転職サイトおすすめ3社を徹底比較!現役ナースが厳選【最新版】 看護師の転職にハローワークは利用すべき?メリット・デメリットや活用方法を解説!看護師の転職にハローワークは利用すべき?メリット・デメリットや活用方法を解説

【看護師の転職】失敗例と成功する方法を知り自分の転職に活かそう!

【看護師の転職】失敗例と成功する方法を知り自分の転職に活かそう!

これから転職活動をスタートさせたい看護師にとって、「もし失敗したら・・・」という不安を持つのは当然です。

失敗するかどうかは実際に働いてみないと分からない。

そのため、当記事に書いてあるような失敗例&成功の秘訣を知ることで、失敗することを恐れずに転職活動をすすめることができます。

あみん
あみん

自分の転職活動に活かしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です