看護師×保健師ママの仕事と育児>>

ママナースの転職|失敗したくない!働きやすい職場を見つけるための確認ポイントとは?

ママナースの転職!失敗しないように確認すべきポイント

ママナース
ママナース

子どもが産まれてから、今の職場で働き続けるのが身体的にキツイ。

転職したいんだけど、ママでも働きやすい職場をどうやって見つけたらいいのかな?

失敗したくない!転職で確認しておくポイントがあれば教えて欲しい!

このようにママナースは子どもが産まれると、これまでバリバリと働いていた職場で同じような働き方が出来ないことが多いですよね。

そして自分の体調、子育ての大変さに合わせて転職する必要が出てきます。

ただ何となく「クリニックがいいなー」と思い転職したら、「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔することも。

転職活動は時間がかかり、子育て中のママにとっては大変です。大事な時間を無駄にしないように、看護師ママにピッタリで失敗しない職場の選び方のポイントをお話していきます!

最後まで読むと転職で確認すべき内容が分かり、自分にとって働きやすい職場を見つけることができますよ!

あみん
あみん

サラッと読める内容なので、ぜひ自分と照らし合わせながら読んでみてくださいね。

【ママナースの転職】働きやすい職場を見つけるために確認すべき4つのポイント

【ママナースの転職】働きやすい職場を見つける確認ポイント~職場の環境編~

ママナースが働きやすい職場を見つけるために、転職する前に確認すべきポイントをお話しますね。

先にまとめをお伝えすると

確認ポイント~職場の環境~
  1. 同じママナースが働いているか
  2. 通勤距離や駐車場の有無
  3. 看護師やその他のスタッフの人数
  4. しっかり感染対策がされているか

1つずつお話していきますね。

同じママナースがいるか

これは確認必須!

もし転職先に、子育て中のママがいない場合はどうなるか想像つきますよね。

子どもの体調不良でお休みが続くと、めちゃくちゃ嫌な顔をされること間違いなし。

わたしがパートで働いているクリニックのスタッフは、ほぼ全員がママ。

スタッフの代わりはいても、ママの代わりはいないから!気にしないで!

こんな風に言ってくれます。

同じママナースが数人いるだけで、その職場は「子育て中のママでも働きやすい」と判断できるはずです。

通勤距離や駐車場の有無

通勤の方法、自宅からの距離、職場の駐車場の有無は確認必須。

子育て中のママは、時間がありません。朝はバタバタ、急いで子どもを送り出し、出勤します。

自分の生活スタイルに合わせて、どのくらいの距離までなら通えるのか、通勤は車か徒歩か電車か。

駐車場が職場に無い場合、自分で借りなければいけないのか。

しっかり確認しておきましょう。

わたしの場合は、

  • 車で20分の距離、隣の市
  • 職場に駐車場はあるが、スタッフは近くに駐車場を借りてもらえる

通勤時間はこのくらいが限界かもしれません。

看護師やその他スタッフの人数

看護師やその他のスタッフの人数によって、自分の仕事量も分かるでしょう。

ママナースが数人いる職場であれば、急なお休みや遅刻・早退で抜けたとしても仕事が回るのかどうか分かります。

わたしがこれまで働いた職場の例を挙げると

  • クリニックでは、常勤ナースが2人。忙しい時はクラークさんが検査を行っていた
  • 健診センターでは、1チームの中に看護師が2人。医療職以外のスタッフが採血・心電図以外の検査を行っていた

看護師の免許がなければ出来ないこと以外は、他のスタッフにお任せしている職場でした。

それだけ看護師が不足している職場の場合、ママナースでもお休みをもらうのが厳しくなりますよ・・・。

しっかり感染対策がされているか

新型コロナウイルスが流行る中、大学病院や総合病院など、大きな医療施設の場合はしっかりと感染対策されている所が多いです。

施設やクリニックでは、対策がされていない職場もあります。

ママナースだからではありませんが、小さい子どもがいる家庭の場合は、変なウイルスや感染症を家庭に持ち帰らないことが本当に大事。

わたしが知っているクリニックの例を挙げると、

  • 老若男女の患者さんが1日に200人以上来院するにも関わらず、ナースはマスクのみで患者さんに対応。
  • 小児科のクリニックでは、予約であっても医院内に入れる患者さんを限定させ、予防接種以外の場合は個室や車で待機。ナースは、ガウン・ゴーグル・マスクを常時着用。

この2か所を比較すると、明らかに2つ目のクリニックの方がしっかりと感染対策されていることが分かります。

ママナース
ママナース

なるほど!ママナースが働きやすいかどうか、まずは職場の環境から確認していこう!

【ママナースの転職】業務の内容を確認しよう

【ママナースの転職】確認ポイント~業務内容編~

次に、確認すべき業務の内容についてのポイントを説明。

先にまとめをお伝えすると

確認ポイント~業務内容~
  1. 看護師1人がこなす業務量
  2. 自分の経験やスキルが活かせるか
  3. 業務時間外にカンファレンスや勉強会があるか
  4. 休日はいつなのか、しっかり確保できるのか
  5. 残業や早朝勤務、夜勤の有無

1つずつお話していきますね。

看護師1人がこなす業務量

ママナースにとって、激務は本当に身体が疲れてしまいます。

前述したように、看護師やその他スタッフの人数によっても1人あたりの業務量が違ってきます。

実際に見学する機会があれば、1人の看護師がどのくらいの業務量をこなしているのか、しっかり確認しておきましょう。

自分の経験やスキルが活かせるか

転職を決めるとき、今までに経験したことがない分野で働くとなれば、仕事を覚えるために時間がかかります。

いろいろな分野を経験したいんだというモチベーションであれば良いでしょう。でも、ママナースは子育てしながら自分の仕事の勉強をとなれば、結構大変。

自分の経験やスキルが活かせそうな職場に転職することがベストですよ。

実際にわたしも、子どもが小さい現在は今まで経験が長かった診療科で働いています。子どもが小学生になったら、自分のスキルアップのためにいろいろな経験をしようと目論んでいますよ。

業務時間外にカンファレンスや勉強会があるか

大学病院では、間違いなく業務時間外にカンファレンスや勉強会が定期的にあります。つまり残業になったり、お休みの日にも職場に出てくる必要があったりと大変。

クリニックや施設でも、勉強会は必須。ただし、業務時間内にできる場合もあります。

ちょっとした事ですが、実は働いてみるとストレスになるもの。

あらかじめ、カンファレンスや勉強会の開催について詳しく確認しておきましょう。

しっかり休日が確保されているか

交代勤務がある大学病院や施設などは月に8回休みがあり、クリニックは週休2日と祝日休みがあります。

一方、健診センターでは週休1日と祝日休みですが、お盆や年末年始の休みは長期間あります。

職場によって、休日の取り方が違ってきます。

ママナースは、土日祝日が休みだと助かりますよね。

自分の家庭状況や生活スタイルに合わせて、どう休みになるのが一番良いのか決めてから転職先を選ぶことも大事。

残業や早朝勤務・夜勤の有無

ママナースにとって、残業や早朝勤務・夜勤がある職場で働くのは大変。それが嫌で転職するママは多いです。

日勤なのに、夜22時ちかくまで残業なんて職場は当然選びません。

できる限り残業は少なく、子どもの夜ごはんを作って一緒に食べられる時間には帰宅したいもの。

早朝勤務や夜勤は、家族に協力してもらえる場合は可能かもしれませんね。

わたしの場合、パートで時短勤務しか出来ない環境。転職では重視しました。

ママナース
ママナース

看護師の仕事はしたいけど、子育て中はバリバリは自分のペースで働きたい。

業務内容も重視して、転職先を選ばないとね。

【ママナースの転職】家庭・子育てと両立するために大事な確認すべき4つのポイント

【ママナースの転職】確認ポイント~福利厚生編~

最後は、確認すべきポイント~福利厚生編~を説明。

先にまとめをお伝えすると

確認すべきポイント~福利厚生~
  1. 託児所が付いているのか
  2. パートでも有休が取れるのか
  3. 収入を扶養内で収めるかどうか
  4. 産休や育休が取りやすいか

1つずつお話していきますね。

託児所が付いているのか

大学病院や総合病院、大きい企業の場合は、職場に託児所が付いていることがあります。

職場の託児所の場合、自分の出勤に合わせて子どもを預けられ便利ですね。夜間託児が可能なところもありますよ。

保育園、幼稚園、職場の託児所、どこに子どもを預けて働く予定なのか決めるようにしましょうね。

パートでも有休が取れるのか

ママナースの場合、パートや時短で働こうと考えている方は多いです。正職員ではなくても、有休が取れる場合もあります。

自分の働き方、雇用形態、月給制か時間給かによって、お休みの取り方が違います。働きたい職場が見つかった場合は、しっかり確認しておきましょう。

パートだから、と言ってお休みを雑に扱う職場もあるので、注意しましょうね。

収入を扶養内に収めるかどうか

ママナースが働く場合、

  • 会社の雇用保険に加入し、フルタイムで働く
  • 夫の扶養の範囲内で調整しながら働く

主にこの2パターンがあります。

自分の家庭では、どちらが良いのか決めてから働き始めることが大事

普通にフルタイムで働く場合は、会社の雇用保険に加入した方が確定申告などの面倒な手続きはありません。

わたしの場合は、夫の扶養内でパートをし自分で確定申告を。子どもが幼稚園に入園したら、また働き方を変えていく予定です。

産休や育休が取りやすいか

もし今後、もう一人子どもが欲しいと家族計画を立てているのであれば、産休や育休を取りやすい職場が良いでしょう。

中には、妊娠したら退職してもらうという職場もあるようです。

女性が多い看護の世界でも、まだまだ子どもを産み・育てることに優しくない職場が多いのも事実。

自分のためにも、転職を決める前に確認しておきましょう。

ママナース
ママナース

福利厚生に関することは、転職したいと思った職場に直接質問することが大事だね。

不安を解消させて、晴れた気持ちで転職したいよね。

【ママナースの転職】育児や家事+仕事が負担なく両立できることが一番大切!

【ママナースの転職】育児や家事+仕事が負担なく両立できることが一番大切!

ママナースは、育児と家事に加えて看護の仕事をする大変さがあります。

全てを負担なく両立できるような職場で働けることがベストです!

そのために、今回お話した確認すべきポイントを念頭に入れて転職先を決めてくださいね。

あみん
あみん

わたしも同じママナースとして、働きやすい職場に転職できることを願っています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です